ネイルについて

ネイルは今や女性のおしゃれとして日常的に取り入れられていますね。昔は、マニキュアという言い方をしていて、それこそ色を塗るだけというシンプルなものでした。

しかし最近では、もっと個性的に、オリジナリティのあるおしゃれとして、絵を描いたり、デザインされたモチーフを描いたりとかなり手が混んでいますね。その為、割と時間も係ります。

「ケア.マニキュア」約1時間、「ジェル」1時間30分、アート多めだと、2時間
「スカルプ」2時間30分~3時間、「FOOTマニキュア.ジェル」1時間30分といった具合でしょうか。

いったい何のこと?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単にご説明しましょう。「ケア.マニキュア」は、ケアはやすりなどで爪の形を整えたり、甘皮処理、爪表面の磨き上げをいいます。これをするだけでも、随分手の印象が変わりますよね。

次に、「ジェル」ですが、とろみのあるジェルを爪の上にのせ専用のUVライトを転写して固めていきます。そして乾いたところに絵などを描いていくのです。
「スカルプ」は、アクリル樹脂の人工爪をつける事を言います。爪の上に爪をつけて、そこに色や絵をつけます。これには、人工爪がしっかりのるように、甘皮処理が必須となります。
最後に「FOOTマニキュア.ジェル」は足の爪バージョンですね。特に夏場はサンダルなどを履く女性が多いので、おしゃれをしているのです。

気になるお値段ですが、コースやアートの種類にもよりますが、4000円ぐらいからできるようです。オリジナルなおしゃれを楽しめるといいですね。

ページ上部へ戻る