ネイルの歴史はとても長いんです!

e0125989_1219222

ネイルは、爪先をキレイに美しく見せてくれますよね。

実はとても歴史が長く、紀元前までさかのぼります。

そんなネイルの歴史をご紹介しますね。

古代エジプト時代、紀元前3000年以前までさかのぼり、

ミイラの爪先にネイルのような装飾がされていました。

これは「ヘンナ」という名の植物の花の汁で、染めたものだそうです。

また、階級で濃度が違って高い階級ほど、

真紅に近い濃い色をつけていました。

古代エジプトでは、爪先の色は階級を示す1つの道具でした。

さらに唐の時代、あの「楊貴妃」も、

爪を染めていたという有名な話があります。

世界中で昔から爪先に装飾されていた話があるのです。

日本では、江戸時代に爪を染める習慣があったと、

「女郎花物語」などに記されています。

方法は、ホウセンカの花を揉み合わせ、

爪を染めていたそうです。

ホウセンカの古名を「爪紅(ツマクレナイ)」といい、

日本でも爪を染める風習は、昔からあったことが分かりますよね。

その後、1923年に今のようなネイルができました。

元は、アメリカで発明された自動車塗装用のラッカーです。

自動車の大量生産で必要となった速乾性ラッカーを、

ネイルへ応用させて、本格的に1970年代ネイル文化が普及しました。

ネイル技術はどんどん進化し、人工爪なども発展しましたよね。

アメリカでネイルアートが一大ブームとなり、

一般に定着して日本へ瞬く間に広がりました。

今の日本でのネイル技術は、世界でもトップクラスです。

江戸時代から日本にネイル文化があったとは驚きですよね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る