ネイルにはマニキュアとジェルを使った2つの種類がある,

top1

おしゃれには服、靴、小物がありますが、爪もおしゃれができます。
爪のおしゃれとは爪に色をつけたり飾ったりする事で、それを専門に行う人をネイリストと呼びます。
爪のおしゃれには何種類かありますが、特に代表的なのは以下の2つです。
1つ目はネイルアートです。
ネイルアートはストライプ模様やマーブル模様など自分の好きなデザインを、マニキュアを使って自分の爪に描きます。
デザインは和風や洋風、南国風やアジア風といろいろあります。その他にもグラデーションをつけたり、ラメを入れて光らせる事もできます。
マニキュアの色は数十から数百種類あります。
自分の爪に直接塗るだけでなく、つけ爪をチップで作る事ができます。
自分の爪同様、マニュキアを使ってチップに自分の好きなデザインを描きます。
2つ目はジェルネイルです。
ジェルネイルはマニキュアより透明感と光沢があります。
爪に塗るジェル自体にとろみがついています。
ジェルの色はマニキュア同様多くの色がありますが、塗った爪は専用のUVライトで固めます。
ジェルネイルでもつけ爪があり、チップに自分の好きなデザインを描きます。
自分の爪に塗ったジェルもチップに塗ったジェルも、同じくらいの透明感と光沢があります。
マニキュアもジェルもチップはつけ外しができるので、気に入ったデザインならチップが壊れたり、マニキュアやジェルがはげない限り何度でも使う事ができます。

栄のネイルサロン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る