ネイルの種類について

photo1

ネイルと一口にいってもそこにはいろいろな種類があります。
今日はネイルの種類について解説したいと思います。

 

・カラーリング

その言葉の通りなのですが、自分の爪に、好きな色を塗るというものです。
現在はファッションの一部なので、気軽にカラーリングをする人が増えています。

 

・ネイルアート

色のグラデーション、マーブルの模様などデザインがメインとなるネイルのことになります。
種類としては、フレンチネイル、ラメ、ホログラム、3D、和風、ペイントなどがあります。
よく最近では流行しているのが、キラキラと派手にネイルアートする“姫系”と呼ばれるものが若い女の子に大変人気です。

 

・カルジェル

新たにつける際の爪を削る作業を最小限におさえることで爪のダメージに配慮したネイルアートの1つです。
においもそこまできついものではなく、浮きにくいのでカビになってしまうような心配がありません。

 

・バイオジェル

爪を削るような作業をほとんど必要としないため、現在のサロンのメニューのなかでは最も爪に優しいメニューといわれています。

 

・オーダーチップ

個人個人の爪の大きさに合わせ、オーダーで作るネイルチップのことをいいます。
通常両面テープで爪に貼り付けるので、必要なときだけ利用できるという便利さと、複雑なデザインや3Dアートなど時間のかかるデザインでも出来上がってから取りに行けばいいのでサロンでの待ち時間、施術時間が大幅に節約できます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る