スカルプチュアネイル

photo4

スカルプチュアネイルとは、正確には、「アクリリックネイル」のことで、アクリルスカルプチュアは、アクリルリキッド(液体のもの)とアクリルパウダー(色のついた粉)を混ぜ合わせたものを爪に乗せることにより、長さのある爪を作るのが一般的な方法です。

仕上がった後の爪は、ものすごく硬く強度があり丈夫で、美しい爪の形となりますので、そこにデザインをいれ、アートで盛りたい人やもともとの持っている爪が平らな人にはおすすめです。

アクリリックネイル(スカルプチュアネイル)の方法

ミクスチャーがだんだんと硬化します

アクリリックネイルは、ミクスチャーというアクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせたものでネイルを作っていきますので、時間と共に固まっていきます。

その後、長さや形を自由自在に整えます。
何度も塗っていくことにより、自由自在の長さにすることもできます。

定期的なお手入れは必須です

アクリリックネイルは、そのまま浮いたり爪が欠けたまま放っておくと、爪との間に水分が入りカビが生えることがあります。
定期的にお手入れはしなければいけません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る