スタイルによって変わるネイルショップの開業資金

tp_ntc03

ネイリストの資格を取って仕事をしているうちに、自分のお店を持ちたいと思う方は多く、初めから独立して自分でやっていくことを目標に、ネイルの勉強をする人もいます。
そんな念願のネイルショップを開業するにあたって、いくら資金が必要になるかは、大きく分けて2通り考えられます。
ひとつが自宅の一部をネイルショップにする方法で、もう一つが店舗を借りて開業する方法です。
当然ではありますが、店舗を借りるとなれば毎月のテナント料が発生します。
その一方で、商売をするために提供される場所であることから、必要なものを運び込めばすぐにネイルショップとして仕事に取り掛かれるというメリットがあります。
自宅の一部をネイルショップとして活用すれば、毎月のテナント料は発生しませんが、もとは自宅だったことから、ネイルショップを運営していくにあたって適した環境に作り替える必要があります。
そのため、リフォームの必要性もあり、プチリフォームであれば業者に依頼をしなくてもご自身で行うことができますので大体30万円程が相場となります。
しかし、本格的な造りを希望される方は、100万円ほどは見ておくと安心です。
まとまったお金が用意できれば、初期投資は必要になりますが、後はご自宅の賃料だけで済みます。
テナントを借りる場合は、毎月継続して支払う賃料となるため月10万円~となります。
もちろん立地によって土地の相場が異なるため一等地で始める方は月々100万円以上の所もあります。
まとまったお金がある方はご自宅で、そうでない方はテナントを借りてネイルショップを運営していくのが向いているといえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る